その他、ビートルズの主なアルバム一覧

その他、ビートルズの主なアルバム

THE BEATLES LIVE AT THE BBC(ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC)

「THE BEATLES LIVE AT THE BBC(ザ・ビートルズ・ライヴ!!アット・ザ・BBC)」は、1994年に発売された、英国BBCラジオ放送で1963年から1965年にかけて行われたビートルズのライヴ演奏音源を集めたアルバムです。BBCのセッションでは、公式に発売されている曲が52曲演奏されています。その内訳は、ビートルズのオリジナル曲は31曲、カヴァー曲が21曲。これらの中からこの『THE BEATLES LIVE AT THE BBC』には、オリジナル曲が12曲、カヴァー曲が13曲の合計25曲が収録されています。この記事ではアルバムの収録曲や作詞・作曲者名、ビートルズの豆知識などについて書いています。
その他、ビートルズの主なアルバム

The Beatles / 1967-1970(ザ・ビートルズ / 1967年~1970年)通称:青盤

「The Beatles / 1967-1970(ザ・ビートルズ / 1967年~1970年)」は、1973年に発売された、ビートルズのいわゆる「ベスト・アルバム」です。このアルバムは、『青盤』とも呼ばれています。このいわゆる『青盤』は、ビートルズ中期~解散(1967年~1970年)までのベストアルバムで、1962年から1966年までの代表曲を集めた「The Beatles / 1962年-1966年」(通称『赤盤』)と共に、『赤盤』『青盤』としてファンから親しまれています。※1973年2月 発売(英国・米国・日本など)。『青盤』の収録曲や作詞、作曲者名、ビートルズの豆知識などについて。
その他、ビートルズの主なアルバム

The Beatles / 1962-1966(ザ・ビートルズ / 1962年~1966年)通称:赤盤

「The Beatles / 1962-1966(ザ・ビートルズ / 1962年~1966年)」は、1973年に発売された、ビートルズのいわゆる「ベスト・アルバム」です。このアルバムは、『赤盤』とも呼ばれています。このいわゆる『赤盤』は、ビートルズ初期~中期(1962年~1966年)までのベストアルバムで、1967年から1970年までの代表曲を集めた「The Beatles / 1967年-1970年」(通称『青盤』)と共に、『赤盤』『青盤』としてファンから親しまれています。※1973年2月 発売(英国・米国・日本など)。『赤盤』の収録曲や作詞、作曲者名、ビートルズ豆知識などについて。
その他、ビートルズの主なアルバム

OLDIES(オールディーズ)

「OLDIES(オールディーズ)」は、1966年12月に英国で発売された、ビートルズのコンピレーション・アルバム(いわゆる編集盤)です。日本での発売は、1967年2月。当時、ビートルズは、年間2枚のアルバムをリリース(制作)する契約だったのですが、アルバム「REVOLVER(リボルバー)」制作後、すぐにアルバム制作に入らなかった(オフに入った?)ので、レコード会社の「パーロフォン(Parlophone)」の企画で編集され、発売されました。
その他、ビートルズの主なアルバム

THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL(ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!)

「THE BEATLES AT THE HOLLYWOOD BOWL(ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!)」は、1977年5月に日本で発売されたビートルズのライヴ・アルバムです。このアルバムは、ビートルズが解散するまで発売されることのなかったライヴ・アルバムが突然1977年になり発売された2枚(もう1枚は、デビュー!ビートルズ・ライヴ'62)のライヴ・アルバムの中の1枚のアルバムです。このライヴ・アルバムは日本だけでなく、英国・米国でもリリースされました。
その他、ビートルズの主なアルバム

THE BEATLES LIVE AT THE STAR-CLUB IN HAMBURG, GERMANY:1962(デビュー!ビートルズ・ライヴ’62)

「THE BEATLES LIVE AT THE STAR-CLUB IN HAMBURG, GERMANY:1962(デビュー!ビートルズ・ライヴ'62)」は、1977年5月に日本で発売されたビートルズのアルバムです。ローリング・ストーンズをはじめ、ビートルズと同時期に活躍していた多くのメジャーなバンド達は、60年代からライヴ・アルバムを発表していましたが、ビートルズはなぜか解散するまでにライヴ・アルバムを発表していませんでした。そしてこれもなぜか1977年になり唐突に2枚のライヴ・アルバムがリリースされました。この「デビュー!ビートルズ・ライヴ'62」はその2枚のうちの1枚のアルバムになります。
その他、ビートルズの主なアルバム

HEY JUDE(ヘイ・ジュード)

「HEY JUDE(ヘイ・ジュード)」は、1970年4月に日本で発売されたビートルズのアルバムです。このアルバムは、米国のキャピトル・レコードが編集したアルバムで、米国では1970年2月に発売されました。日本では1970年4月に発売されましたが、ビートルズの本国、英国で発売されたのは、なんと9年後の1979年6月でした。
その他、ビートルズの主なアルバム

ビートルズ NO.5!(BEATLES NO.5!)【日本・欧州の一部編集・発売】

「ビートルズ NO.5!」は、1965年5月に日本および欧州の一部の国で発売されたアルバム。アルバムには、初期の代表的なヒット曲「シー・ラヴズ・ユー」と「抱きしめたい」のドイツ語バージョン「Sie Liebt Dich」と「Komm, Gib Mir Deine Hand」が収録されています。ビートルズ NO.5!の収録曲名や作詞、作曲者について。
その他、ビートルズの主なアルバム

ビートルズ NO.2(BEATLES SECOND ALBUM)【日本編集盤】

ビートルズ NO.2(BEATLES SECOND ALBUM)は、日本独自の編集盤で、「 PLEASE PLEASE ME」「WITH THE BEATLES 」の曲の中で、日本編集盤1枚目の「ビートルズ!」で未収録だった曲やシングル曲から選曲、編集されています。※1964年6月発売
その他、ビートルズの主なアルバム

ビートルズ!(MEET THE BEATLES!)【日本編集盤】

「ビートルズ!」は、1964年4月に日本ではじめて発売されたビートルズのアルバムです。アルバム「ビートルズ!」は、日本独自の編集盤で、すでに発表されていたアルバム「 PLEASE PLEASE ME」「WITH THE BEATLES 」そしてシングル曲から選曲、編集されています。収録曲、作詞作曲者名などについて。
タイトルとURLをコピーしました