BEATLES Ⅵ(ビートルズ VI)【ビートルズ米国盤アルバム】

 
「BEATLES Ⅵ(ビートルズ VI)」は、1965年6月に米国で発売された、ビートルズのアルバムです。

この「BEATLES Ⅵ(ビートルズ VI)」は、いわゆるオリジナル・アルバムではなく、米国のキャピトル・レコードの編集アルバムで、主にアルバム「ビートルズ・フォー・セール(BEATLES FOR SALE)」と「ヘルプ!(HELP!)」を編集したようなアルバムになっています。

※1965年6月 発売(米国)

スポンサーリンク


『ビートルズ VI』収録曲

【A面(アナログ)】

  1. Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey!
    (カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ!)
  2. Eight Days A Week
    (エイト・デイズ・ア・ウィーク)
  3. You Like Me Too Much
    (ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ)
  4. Bad Boy 
    (バッド・ボーイ)
  5. I Don’t Want To Spoil The Party 
    (パーティーはそのままに)
  6. Words Of Love
    (ワーズ・オブ・ラヴ )

【B面(アナログ)】

  1. What You’re Doing
    (ホワット・ユー・アー・ドゥーイング)
  2. Yes It Is
    (イエス・イット・イズ)
  3. Dizzy Miss Lizzie
    (ディジー・ミス・リジー)
  4. Tell Me What You See
    (テル・ミー・ホワット・ユー・シー)
  5. Every Little Thing
    (エヴリー・リトル・シング)

作詞・作曲

  • (Lennon-McCartney))A面:2.5 B面:1.2.4.5
  • (Harrison)A面:3
  • (Leiber-Stoller)/(Penniman)A面:1
  • (Larry Williams)A面:4 B面:3
  • (Buddy Holly)A面:6

ビートルズ豆知識

「BEATLES Ⅵ(ビートルズ VI)」は、他のキャピトル編集の米国盤と同様に特筆すべき点はありません。ただ、この「BEATLES Ⅵ(ビートルズ VI)」に収録されている曲は、「ビートルズ・フォー・セール(BEATLES FOR SALE)」と、「ヘルプ!(HELP!)」の2アルバムからがメインですが、当時「涙の乗車券(Ticket To Ride)」のシングル盤B面にしか収録されていなかったビートルズの隠れた名曲とも言われる「イエス・イット・イズ(Yes It Is)」が収録されていた点と、英国では1966年まで未発表だった「バッド・ボーイ(Bad Boy)」が収録されてた点がポイントとなっていたアルバムです。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。