20Greatest Hits(20グレイテスト・ヒッツ)【ビートルズ・ベスト・アルバム】

 
「20Greatest Hits(20グレイテスト・ヒッツ)」は、1982年に英国・米国(日本でも発売)発売された、ビートルズのベスト・アルバムです。

このアルバムは、いわゆるビートルズの「ベスト盤」といった感じのアルバムで同一ジャケットながら、それぞれ英国編集盤と米国編集盤があり若干収録曲に違いがあります。日本では米国編集盤が発売されました。

※1982年 英国・米国・日本 発売

スポンサーリンク


『20グレイテスト・ヒッツ(英国編集盤)』収録曲

【A面(アナログ)】

  1. Love Me Do
    (ラヴ・ミー・ドゥ)
  2. From Me To You
    (フロム・ミー・トゥ・ユー)
  3. She Loves You
    (シー・ラヴズ・ユー)
  4.  I Want To Hold Your Hand
    (抱きしめたい)
  5. Can’t Buy Me Love 
    (キャント・バイ・ミー・ラヴ)
  6. A Hard Day’s Night
    (ア・ハード・デイズ・ナイト)
  7. I Feel Fine
    (アイ・フィール・ファイン)
  8. Ticket To Ride
    (涙の乗車券)
  9. Help!
    (ヘルプ!)
  10. Yesterday
    (イエスタデイ)
  11. We Can Work It Out
    (恋を抱きしめよう )

【B面(アナログ)】

  1. Paperback Writer
    (ペーパーバック・ライター)
  2. Yellow Submarine
    (イエロー・サブマリン)
  3. Eleanor Rigby
    (エリナー・リグビー)
  4. All You Need Is Love
    (愛こそはすべて)
  5. Hello Goodbye
    (ハロー・グッバイ)
  6. Lady Madonna 
    (レディ・マドンナ)
  7. Hey Jude
    (ヘイ・ジュード)
  8. Get Back
    (ゲット・バック)
  9. The Ballad Of John And Yoko
    (ジョンとヨーコのバラード)

『20グレイテスト・ヒッツ(米国編集盤)』収録曲

【A面(アナログ)】

  1. She Loves You
    (シー・ラヴズ・ユー)
  2. Love Me Do
    (ラヴ・ミー・ドゥ)
  3. I Want To Hold Your Hand
    (抱きしめたい)
  4. Can’t Buy Me Love 
    (キャント・バイ・ミー・ラヴ)
  5. A Hard Day’s Night 
    (ア・ハード・デイズ・ナイト)
  6. I Feel Fine
    (アイ・フィール・ファイン)
  7. Eight Days A Week
    (エイト・デイズ・ア・ウィーク)
  8. Ticket To Ride
    (涙の乗車券)
  9. Help!
    (ヘルプ!)
  10. Yesterday
    (イエスタデイ)
  11. We Can Work It Out
    (恋を抱きしめよう)
  12. Paperback Writer
    (ペーパーバック・ライター)

【B面(アナログ)】

  1. Penny Lane
    (ペニー・レイン)
  2. All You Need Is Love
    (愛こそはすべて)
  3. Hello Goodbye
    (ハロー・グッバイ)
  4. Hey Jude
    (ヘイ・ジュード)
  5. Get Back
    (ゲット・バック)
  6. Come Together 
    (カム・トゥゲザー)
  7. Let It Be
    (レット・イット・ビー )
  8. The Long And Winding Road
    (ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)

作詞・作曲

・Lennon-McCartney

ビートルズ豆知識

20Greatest Hits(20グレイテスト・ヒッツ)は、英国編集盤と米国編集盤の2つの種類が発売されて、若干収録曲が異なります。ただ、アルバム・ジャケットは同じで一見では見分けがつかないので、これから購入を考えている方はちょっと注意が必要です。

このアルバムがリリースされた1982年は、ビートルズが解散してから10年以上経過しており、ビートルズのことをあまり知らない世代が増えてきたこともあって、ビートルズの初期~解散までの有名な曲が収録されていたこのベスト盤は当時、それなりの価値があり、それなりに売れたアルバムでした。

なお、英国編集盤と米国編集盤ともに収録されている「A Hard Day’s Night」は、旧邦題「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」ですが、「ア・ハード・デイズ・ナイト」で表記しています。

補足として、米国編集盤のHey Jude(ヘイ・ジュード)はショート・バージョンが収録されています。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。