フェンダー・ストラトキャスター

ビートルズも「フェンダー・ストラトキャスター」を使用していました

 
「ビートルズとストラト?!」という方もいるかもしれません。ただ、ビートルズ・ファンの方ならご存知だと思いますが、ビートルズのメンバーもフェンダー・ストラトキャスターを使用していました。

ビートルズで「フェンダー・ストラトキャスター」といえば、「マジカル・ミステリー・ツアー」でジョージが弾いていたサイケ模様が施されたストラトキャスターではないかと思います。

フェンダー・ストラトキャスターについては、今更、説明する必要はないと思うので、この記事では、主にビートルズのメンバーが使用していたストラトキャスターについて少し書いてみたいと思います。

スポンサーリンク


フェンダー・ストラトキャスター

フェンダー・ストラトキャスターは、ギブソンの「レスポール」と共に、エレクトリック・ギターの代表格ともいわれているギターです。

ストラトキャスターは、フェンダー社が、テレキャスター(ブロードキャスター)、プレシジョン・ベース(いわゆる”プレベ”)に続いて、1954年から発表・制作、そして、現在まで制作・発売されている人気のE・ギターです。

基本的な仕様は、ソリッド・ボディに3つ(フロント・ミドル・リア)のシングル・ピック・アップを搭載し、ツマミ(ボリューム・トーン×2)とピックアップの切り替えスイッチ、そして、ブリッジ部分にはシンクロナイズド・トレモロ・ユニットと呼ばれるビブラート・ユニットがついています。

1954年の発表から現在に至るまでには、様々な(細かな)マイナーチェンジが行われていいますが、基本的なアウト・アッセンブリーには変化はありません。

フェンダー・ストラトキャスターの特徴

ストラトキャスターは、先にフェンダー社から発表されたテレキャスター(ブロードキャスター)と比較すると、ブライト&シャープなシングル・コイル・ピック・アップサウンドには変わりありませんが、若干、ストラトキャスターの方が、マイルドな音がします。また、ストラトキャスターの方は、シングル・コイル・ピック・アップを3つ搭載しているのでトーン・バリエーションはテレキャスターよりも豊富です。

ビートルズ使用のストラトキャスターは60年代型

「マジカル・ミステリー・ツアー」の映像で見られるように、ビートルズでストラトキャスターといえば、ジョージのイメージがある方も多いと思いますが、それよりも以前の1965年頃から、ジョンがレコーディングですでにストラトキャスターを使用していたようです。

ジョン、ジョージが使用していたストラトキャスターは、60年代型だと思われます。1954年から制作・発表されているストラトキャスターですが、50年代型のモデルは、ネックとフィンガー・ボード部分が一体化した「メイプル(ネック)」に対して、60年型はフィンガー・ボード部分に「ローズ・ウッド(いわゆるローズ・ウッド指板)」が使用されているので、そこで50年代型か、60年代型かを見分けることができます。

また、フェンダー社が1966年に、CBSに吸収された後(66年型、72年型など)は、ヘッド部分の大きさがまるで「斧」のように大きくなるので、ジョンとジョージが使用したストラトキャスターは60~65年までに製造されたモデルではないかと推測できます。

ビートルズのストラト・サウンドを聴くには・・・

ビートルズに限らず、ライヴ演奏でその楽器を実際に弾いているか、もしくはアルバム・レコーディング時の写真(確実性のある)が残っているかを確認しない限り、アルバム収録曲のどの曲でどの楽器を使用しているかを知ることはかなり困難です。

ビートルズの場合、ジョンが65年頃からレコーディングでストラトキャスターを使用していたという説があるので、アルバム「ヘルプ!」あたりのバッキング(リズム)・ギターで使用していた可能性があります。

「ヘルプ!」以降の「ラバー・ソウル」でもいかにも「ソリッド・ボディにシングル・コイルっぽい」というギターの音を聴くことができますが、リッケンバッカーやグレッチ、エピフォンを使用してもギリギリ、レコーディング・スタジオでのイコライジングで「それっぽい」サウンドが作れそうなので、少し微妙です(使用している可能性もある)。

ただ、アルバム「リボルバー」の収録曲、中でも「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」は、ほぼストラトキャスターを使用していると考えても間違いないのかな?なんて個人的には思っています。

ビートルズがライヴ活動を終えてからは、プロモーションビデオや、映画、アルバムのジャケット写真などでしか、基本的にどの楽器を使用していたかを知ることはできません。

ジョンが、日本公演でも弾いていたエピフォン・カジノを「レボリューション」のプロモーションビデオや映画「レット・イット・ビー」中のあの屋上での演奏シーンで使用していたのはわかりますし、ジョージならギブソン・SG・レスポール、そして、フェンダー・テレキャスター(オール・ローズモデル)というのはわかります。

ジョージに関しては「マジカル・ミステリー・ツアー」でストラトキャスターを使用しているシーンがあるので、「マジカル・ミステリー・ツアー」やその前後のアルバムで使用している可能性も高い気がします。

ジョージはビートルズ解散後の「バングラデシュ・コンサート」などでもストラトキャスター(50年代型?)を使用していますから、ストラトキャスターもメインのギターのひとつとして考えていた可能性が高いですが、ジョンの方はどうなのでしょうか?

 

LINEで送る
Pocket