フェンダー・ベースⅥ

ビートルズが使用した6弦ベース「フェンダー・ベースⅥ」

 
ビートルズのベーシストといえば言わずもがなポール・マッカートニー。」ポールがビートルズ時代に使用したベースとして思い浮かぶのは「カール・ヘフナー(バイオリン・ベース)」、次いで「リッケンバッカー4001」、そして「フェンダー・ジャズ・ベース」ぐらいですが、ご存知の方も多いかと思いますが、ポールだけでなくジョンやジョージもプレイしたベースがありました。それが通常の4弦のベースではなく、6弦のベース「フェンダー・ベースⅥ」です。

スポンサーリンク


フェンダー・ベースⅥ

フェンダー・ベースⅥは、フェンダー社から1961年に発売された6弦ベース・・・なのですが、そのベースという位置付けはちょっと微妙で「バリトン・ギター(通常のギターより1オクターブ低い音がでる)」としても扱われることもある楽器です。

フェンダー・ベースⅥの特徴

フェンダー・ベースⅥの主な特徴は、シングル・コイル・ピックアップが3つでコントロールパネル部分はボリューム・ノブとトーン・ノブがそれぞれ1つで、他にもミュート・システムやトレモロ・アームも搭載していて、同社のエレクトリック・ギターのジャガーやジャズ・マスターに類似しています。

ボディ・タイプはソリッド・ボディに「アルダー」という木材が使用されています。ネック部分は「メイプル」という木材で指板部分は「ローズ・ウッド」ネック・ジョイントはボルト・オンになっています。

ネック部分はデタッチャブル式の4点止めが基本ですが、一時期3点止めの時期がありました。材質は「メイプル」のワンピース・ネックに指板部分は「ローズ・ウッド」か「メイプル」が基本的なモデルです。

フェンダー・ベースⅥは一応ベースと名付けられていますが、ベースとギターの中間とも言える楽器で、パッと見た目は「ジャガー」そのもの。チューニングも6弦からE・A・D・G・B・E(1オクターブ低いがギターと一緒)するようになっています。この点からもフェンダー・ベースⅥがベースとしてだけでなくバリトン・ギターとしても扱われる理由がわかります。

そのため、ベース・アンプに通せばベースらしく、ギター・アンプに通せば(バリトン)ギターとして使えるというような楽器でした。なので、良く言えばベースとしてもギターとしても使えるので便利、悪く言えばどっちつかずで中途半端というような楽器です。

ビートルズファンならすでに見たことのあるハズの「フェンダー・ベースⅥ」

フェンダー・ベースⅥをビートルズのメンバーが使用しているシーンは、実はファンの方ならすでに知っている(見たことがある)ハズです。ただ、それがベース(フェンダー・ベースⅥ)とは気づいていないだけで。

たとえば、映画「レット・イット・ビー」では、ポールがピアノを弾き歌っている場面でジョンが胡坐(胡坐)をかいて、プレイしているシーンが有名ですし、「ヘイ・ジュード」のプロモーション・ビデオではジョージがフェンダー・ベースⅥをプレイしてます。

フェンダー・ベースⅥはパッと見がフェンダー社のエレクトリック・ギター「ジャガー」のようですし、ベースは4弦という固定観念があると6弦あるフェンダー・ベースⅥがベースであると気づかないのもよくわかります。ましてや、ビートルズにおいては、ベース担当はポール、ジョンやジョージはギターというイメージ・・・というより実際にそうですから。

フェンダー・ベースⅥは、どの曲、どのアルバムでプレイしてたのか?

フェンダー・ベースⅥは、私が知る限りの有名な曲・アルバムとして、アルバム「ラバー・ソウル」に収録されているジョージの曲「嘘つき女(Think For Yourself)」で、ポールがベースに「ファズ(エフェクター)」をかけて(通して)使用しています(通常のオーソドックスなベース音とファズをかけたベース音の多重録音)。

他には、アルバム「ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)」に収録されている「バック・イン・ザ・U・S・S・R(Back In The USSR)」でジョンがプレイしているということぐらいです。

フェンダー・ベースⅥが使用されると思われる基本的なスタンスとしては、本来ベースをプレイするポールが、ピアノをプレイして歌うときに、抜けたベース・パートをジョンかジョージがプレイして補う(ジョンとジョージとのどちらか一方が抜けてもギターは1本は確保できる)という感じだったのではないかと思ってます。

ただ、この頃のビートルズは基本スタジオ・ワークがメインになっていて、レコーディング技術も「サージェント・ペパーズ~」の頃には「8トラック」使用できていたので、ライブ演奏はともかく、ポールがそれぞれピアノとベースの両方を担当してレコーディングされていても不思議ではありません。また、ポールがベースをプレイするならわざわざフェンダー・ベースⅥを選んでプレイする可能性は低く、やはりレコーディング・シーンでもジョンかジョージがプレイしていたのではないかと思われます。

ですから、私の想像の範囲でフェンダー・ベースⅥが使用されている可能性が高い曲は「ポールがピアノ(など)をプレイしながらボーカルをとる曲」だったのではないかと思います。

 

LINEで送る
Pocket