サウンドルーツ

サウンドルーツ

60年代当時の実験的な音楽家達からビートルズが受けた影響

現在なら簡単に作れるサウンド・エフェクトも60年代ではありとあらゆる創意工夫をして作り出さねばならない時代でした。この記事では60年代当時の実験的な音楽家達からビートルズが受けた影響について簡単に書いています。
サウンドルーツ

ビートルズの音楽にはヨーロッパ音楽の伝統や教会音楽からの影響も感じられる

主にR&RやR&Bをそのサウンド・ルーツにしていたビートルズですが、活動中期ぐらいになると「エリナー・リグビー」「ヘイ・ジュード」などの作品のように「ヨーロッパの伝統的な音楽」や「教会音楽」的な影響を感じられる曲が現れてきます。
サウンドルーツ

プロデューサー「ジョージ・マーティン」からビートルズが受けた影響は?

ビートルズのレコーディング・プロデューサーであった人。その名はジョージ・マーティン。もちろん、彼はビートルズのメンバーではなく、プロデューサーという立場でしたが、ビートルズのほぼ全作品の音楽プロデューサーを務めて「5人目のビートルズ」とも呼ばれています。
サウンドルーツ

インド音楽・精神・思想がビートルズに与えた影響は?

60年代中頃になると、ビートルズのメンバーはインドの音楽や哲学、ヨガの瞑想などに入り込んでいきました。メンバーの中ではジョンとジョージがインドへの関心が強かったようです。特にジョージはより深くインド音楽に傾向していきます。
サウンドルーツ

ビートルズがボブ・ディラン(Bob Dylan)からの受けた影響

昔、ジョンはこんな事を言っていたといいます。「私は偉大なアーチストに接したり実際に会ったりすれば、その相手を好きになります。短い期間ですがその相手に対して狂信的になり時には真似をしてみたりもしかねません」と。ジョンにとってボブ・ディランはその「偉大なアーチストの一人」であったことは間違いありません。
タイトルとURLをコピーしました