LET IT BE(レット・イット・ビー)【ビートルズ・オリジナル・アルバム】

 
「LET IT BE(レット・イット・ビー)」は、ビートルズ12枚目にして最後のアルバムです。1970年5月に劇場公開のビートルズのドキュメンタリー映画「レット・イット・ビー」とタイミングを合わせてリリースされました。

本来、このアルバムは、ポールの「もう一度、原点にゲット・バックしよう」というコンセプトで、製作がはじまったことで、原点回帰のライブ感のあるバンド・サウンドで仕上がっていたのですが、ご存知フィル・スペクターのプロデュースによって、オーケストレーションやコーラスを加えたサウンドの形で発表されています。全英チャート8週連続1位、全米チャート4週連続1位に輝いています。

※1970年5月発売

スポンサーリンク


『レット・イット・ビー』収録曲

  1. Tow Of Us
    (トゥ・オブ・アス)
  2. Dig A Pony
    (ディグ・ア・ポニー)
  3. Across The Universe
    (アクロス・ザ・ユニバース)
  4. I Me Mine
    (アイ・ミー・マイン)
  5. Dig It
    (ディグ・イット)
  6. Let It Be
    (レット・イット・ビー)
  7. Maggie Mae
    (マギー・メイ)
  8. I’ve Got A Feeling
    (アイヴ・ガッタ・フィーリング)
  9. One After 909
    (ワン・アフター・909)
  10. The Long And Winding Road
    (ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)
  11. For You Blue
    (フォー・ユー・ブルー)
  12. Get Back
    (ゲット・バック)

作詞・作曲

  • (Lennon-McCartney) 1.2.3.6.8.9.10.12
  • (Harrison) 4.11
  • (Lennon-McCartney-Harrison-Starkey) 5
  • (Trad.arr.Lennon-McCartney-Harrison-Starkey) 7

アルバム内シングルリリース曲

・【A面】ゲット・バック【B面】(ドント・レット・ミー・ダウン)

・【A面】レット・イット・ビー
 【B面】(ユー・ノウ・マイ・ネーム)

※解散(1970年)までにイギリス本国で発表したシングル

ビートルズ豆知識

ポールが発した、「もう一度バンド・サウンドを取り戻そう」と原点回帰を目指したいわゆる「ゲット・バック・セッション」を、フィル・スペクターがプロデュースしてリリースされたのがアルバム「LET IT BE(レット・イット・ビー)」。

映画を観た方ならわかると思いますが、ポールがメンバーをまとめようと仕切ろうとして、それが空回り、裏目に出てしまい・・・「ゲット・バック・セッション」を、ジョンは「地獄」、ジョージは「史上最悪」、そしてリンゴは「悪夢」と回想しています。

「ゲット・バック・セッション」のクオリティーでそのままアルバムを発表するのに不安を感じたのか、ジョンはフィル・スペクターに、「LET IT BE(レット・イット・ビー)」となるアルバムのプロデュースを依頼します。(※当初、アルバム名ははゲット・バックだったといわれています。)

ジョンは「どうしようもないセッションを上手くまとめてくれた」と、フィルに対して、賛辞を贈っています。

一方、ポールは、「レット・イット・ビー」や「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」のフィルの過剰なアレンジがやはり気に入らなかったようで・・・。

なお、2003年に、1969年のセッションから、フィル・スペクターの監修(オーヴァーダビング)抜きのアルバム「LET IT BE…NAKED(レット・イット・ビー・・・ネイキッド)」が発売されています。(※セッションの別テイクやリミックス含む)。

推測ですが、ポールが目指したかったサウンドはこの「LET IT BE…NAKED(レット・イット・ビー・・・ネイキッド)」のほうだったのかもしれません。

まだ、一方のアルバムしか聴いていないというビートルズファンの方は、機会があれば、この両アルバムを聴き比べてみるといいのではないかと思います。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。