The Beatles / 1967-1970(ザ・ビートルズ / 1967年~1970年)通称:青盤

 
「The Beatles / 1967-1970(ザ・ビートルズ / 1967年~1970年)」は、1973年に発売された、ビートルズのいわゆる「ベスト・アルバム」です。このアルバムは、『青盤』とも呼ばれています。

このいわゆる『青盤』は、ビートルズ中期~解散(1967年~1970年)までのベストアルバムで、1962年から1966年までの代表曲を集めた「The Beatles / 1962年-1966年」(通称『赤盤』)と共に、『赤盤』『青盤』としてファンから親しまれています。

※1973年2月 発売(英国・米国・日本など)

スポンサーリンク


『The Beatles / 1967-1970(青盤)』収録曲

【CD1】(LP A面1~7 B面8~14)

  1. Strawberry Fields Forever
    (ストロベリー・フィールズ・フォーエバー)
  2. Penny Lane  
    (ペニー・レイン)
  3. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band  
    (サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)
  4. With A Little Help From My Friends
    (ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ)
  5. Lucy In The Sky With Diamonds
    (ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド)
  6. A Day In The Life
    (ア・デイ・イン・ザ・ライフ)
  7. All You Need Is Love
    (愛こそはすべて)
  8. I Am The Walrus 
    (アイ・アム・ザ・ウォルラス)
  9. Hello Goodbye
    (ハロー・グッドバイ)
  10. The Fool On The Hill 
    (フール・オン・ザ・ヒル)
  11. Magical Mystery Tour
    (マジカル・ミステリー・ツアー)
  12. Lady Madonna
    (レディ・マドンナ)
  13. Hey Jude 
    (ヘイ・ジュード)
  14. Revolution
    (レヴォリューション)

【CD2】(LP A面1~7 B面8~14)

  1. Back In The U.S.S.R.
    (バック・イン・ザ・U.S.S.R.)
  2. While My Guitar Gently Weeps 
    (ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス)
  3. Ob-La-Di, Ob-La-Da 
    (オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)
  4. Get Back
    (ゲット・バック)
  5. Don’t Let Me Down
    (ドント・レット・ミー・ダウン)
  6. The Ballad Of John And Yoko
    (ジョンとヨーコのバラード)
  7. Old Brown Shoe
    (オールド・ブラウン・シュー)
  8. Here Comes The Sun 
    (ヒア・カムズ・ザ・サン)
  9. Come Together
    (カム・トゥゲザー)
  10. Something
    (サムシング)
  11. Octopus’s Garden
    (オクトパス・ガーデン)
  12. Let It Be
    (レット・イット・ビー)
  13. Across The Universe 
    (アクロス・ザ・ユニバース)
  14. The Long And Winding Road
    (ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)

作詞・作曲

  • 【CD1】(Lennon-McCartney) 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14
  • 【CD2】(Lennon-McCartney)1.3.4.5.6.9.11.12.13.14
  • 【CD2】(Harrison)2.7.8.10

ビートルズ豆知識

The Beatles / 1967-1970(ザ・ビートルズ / 1967年~1970年)通称:青盤には、アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(1967年)から最後のアルバム「レット・イット・ビー」(1970年)までの曲から選曲・収録されています。また、このアルバムの選曲はジョージが担当したといわれています。

「赤盤」のアルバムのジャケット写真は、ファースト・アルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」「赤盤」のジャケット写真と同様に、アンガス・マクビーン(Angus McBean)によって同じアングルで後に撮影された写真です。

ビートルズのいわゆる「ベスト盤」には、グループの活動中の1966年にリリースされた「オールディーズ」、解散後の1973年にリリースされた、「ザ・ビートルズ 1962~1966年(赤盤)」と、この「ザ・ビートルズ 1967~1970年(青盤)」、そして、2000年にリリースされたビートルズのNO.1シングル曲のみを集めた「1」というアルバム、そして1987年から始まったビートルズのアルバムCD化プロジェクトでCD化されたアルバムに未収録の曲を集めたアルバム(レア音源も含むシングル集)「PAST MASTERS(パスト・マスターズ)」があります。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。