The Beatles Anthology 3(ザ・ビートルズ・アンソロジー3)【ビートルズ・アルバム】

 
「The Beatles Anthology 3(ザ・ビートルズ・アンソロジー3)」は、1996年に発売された、ビートルズのCD(2枚組)アルバムです。その後、3枚組のLPレコードとしても発売されました。

このアルバムはいわゆるオリジナル・アルバムではありませんが、基本的にビートルズのオリジナル・アルバム「THE BEATLES(ザ・ビートルズ/ホワイト・アルバム)」から「LET IT BE(レット・イット・ビー)」までの期間にスタジオで録音された未発表曲や、別テイク、デモ・バージョン音源などが収録されています。

※1996年 CD(2枚組)発売

スポンサーリンク


『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』CD収録曲

【CD 1】

  1. A Beginning
    (ア・ビギニング)
  2. Happiness Is A Warm Gun
    (ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン)
  3. Helter Skelter
    (ヘルター・スケルター)
  4. Mean Mr. Mustard
    (ミーン・ミスター・マスタード)
  5. Polythene Pam 
    (ポリシーン・パン)
  6. Glass Onion/Demo
    (グラス・オニオン)
  7. Junk
    (ジャンク)
  8. Piggies
    (ピッギーズ)
  9. Honey Pie
    (ハニー・パイ)
  10. Don’t Pass Me By
    (ドント・パス・ミー・バイ)
  11. Ob-La-Di, Ob-La-Da
    (オブラディ・オブラダ)
  12. Good Night
    (グッド・ナイト)
  13. Cry Baby Cry
    (クライ・ベイビー・クライ)
  14. Blackbird
    (ブラックバード)
  15. Sexy Sadie
    (セクシー・セディー)
  16. While My Guitar Gently Weeps
    (ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス)
  17. Hey Jude
    (ヘイ・ジュード)
  18. Not Guilty
    (ノット・ギルティ)
  19. Mother Natures Son
    (マザー・ネイチャーズ・サン)
  20. Glass Onion/Take 33
    (グラス・オニオン)
  21. Rocky Raccoon
    (ロッキー・ラクーン)
  22. What’s The New Mary Jane
    (ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン)
  23. Step Inside Love/Los Paranoias
    (ステップ・インサイド・ラヴ/ロス・パラノイア)
  24. I’m So Tired
    (アイム・ソー・タイアード)
  25. I Will
    (アイ・ウィル)
  26. Why Don’t We Do It In the Road
    (ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード)
  27. Julia
    (ジュリア)

【CD 2】

  1. I’ve Got A Feeling
    (アイヴ・ガッタ・フィーリング)
  2. She Came In Through The Bathroom Window
    (シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー)
  3. Dig A Pony
    (ディグ・ア・ポニー)
  4. Two Of Us
    (トゥ・オブ・アス)
  5. For You Blue
    (フォー・ユー・ブルー)
  6. Teddy Boy 
    (テディ・ボーイ)
  7. Rip It Up/Shake, Rattle And Roll/Blue Suede Shoes
    (リップ・イット・アップ/シェイク・ラトル・アンド・ロール/ブルー・スエード・シューズ)
  8. The Long And Winding Road
    (ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)
  9. Oh! Darling
    (オー!ダーリン)
  10. All Things Must Pass
    (オール・シングス・マスト・パス)
  11. Mailman, Bring Me No More Blues
    (メイルマン・ブリング・ミー・ノー・モア・ブルース)
  12. Get Back
    (ゲット・バック)
  13. Old Brown Shoe
    (オールド・ブラウン・シュー)
  14. Octopus’s Garden
    (オクトパスズ・ガーデン)
  15. Maxwell’s Silver Hammer
    (マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー)
  16. Something
    (サムシング)
  17. Come Together
    (カム・トゥゲザー)
  18. Come And Get It
    (カム・アンド・ゲット・イット)
  19. Ain’t She Sweet
    (エイント・シー・スウィート)
  20. Because
    (ビコーズ)
  21. Let It Be
    (レット・イット・ビー)
  22. I Me Mine
    (アイ・ミー・マイン)
  23. The End
    (ジ・エンド)

作詞・作曲

  • (Lennon-McCartney)CD 1:2~6.9.11~15.17.19~21.24~27
  • (Lennon-McCartney)CD 2:1~4.8.9.12.15.17.20.21.23
  • (Lennon-McCartney-Harrison-Starkey)CD 1:23
  • (Lennon)CD 1:22
  • (McCartney)CD 1:7 CD 2:6.18
  • (Harrison)CD 1:8.16.18 CD 2:5.10.13.16.22
  • (Starkey)CD 1:10 CD 2:14
  • (Martin)CD 1:1
  • (Blackwell-Marascalco)CD 2:7(Rip It Up)
  • (Calhoun)CD 2:7(Shake, Rattle And Roll )
  • (Perkins)CD 2:7(Blue Suede Shoes)
  • (Roberts-Katz-Clayton)CD 2:11
  • (Ager-Yellen)CD 2:19

ビートルズ豆知識

「The Beatles Anthology 3(ザ・ビートルズ・アンソロジー3)」は、ビートルズの歴史を振り返るプロジェクトの一環として1995年に発売された「The Beatles Anthology 1(ザ・ビートルズ・アンソロジー1)」、「The Beatles Anthology 2(ザ・ビートルズ・アンソロジー2)」続く第三弾として1996年に発売されました。

※「ザ・ビートルズ・アンソロジー1」「ザ・ビートルズ・アンソロジー2」「ザ・ビートルズ・アンソロジー3」の3部作。

先に発売されていた「ザ・ビートルズ・アンソロジー1」には、「Free As A Bird (フリー・アズ・ア・バード)」、「ザ・ビートルズ・アンソロジー2」には、新曲「Real Love(リアル・ラヴ)」が収録されていましたがこの「ザ・ビートルズ・アンソロジー3」には残念ながらこのような新曲は収録されませんでした。

このアルバムの注目ポイントとしては、基本的にビートルズのオリジナル・アルバム「THE BEATLES(ザ・ビートルズ/ホワイト・アルバム)」から「LET IT BE(レット・イット・ビー)」までの期間のテイクを収録していることもあり、ビートルズとしての円熟はもちろんですが、4人のメンバーそれぞれの嗜好性やその後(ビートルズ解散後)の方向性が聞けるところではないでしょうか。「Lennon-McCartney」の陰に隠れがちだったジョージの作品(8曲収録)、リンゴの作品(2曲収録)また、その後のソロ・アルバムに収録される曲もこのアルバムで聴くことができます。

「ザ・ビートルズ・アンソロジー」は、「ザ・ビートルズ・アンソロジー1」、「ザ・ビートルズ・アンソロジー2」、「ザ・ビートルズ・アンソロジー3」の3部作となっていて、この「ザ・ビートルズ・アンソロジー3」が、その最終便です。

「ホワイトアルバム」の頃から解散までのビートルズのメンバーの関係は、相当ギクシャクしていて、ファンからすると残念な時期でもあるのですが、メンバーそれぞれの「個性」がわかる曲が聴ける時期でもあります。

また、この「ザ・ビートルズ・アンソロジー3」は、「ザ・ビートルズ・アンソロジー2」と同様に、それほどコアなビートルズ・ファンでなくても十分に楽しめる内容(収録曲)になっています。

「ザ・ビートルズ・アンソロジー」シリーズに関しては、ビートルズ初心者の方なら「ザ・ビートルズ・アンソロジー2」か「ザ・ビートルズ・アンソロジー3」から入って、最後に余裕があれば「ザ・ビートルズ・アンソロジー1」を手に入れるという形がいいのではないかと思います(もちろん、すべて聴くことをおすすめですが!)。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。