ビートルズのシングル・アルバムの主な収録曲【B】

主な収録曲(シングル・アルバム)

ビートルズのシングル・アルバムの主な収録曲【B】

曲名(タイトル)

  1. 曲名/タイトル(日本語)
  2. レコーディング年
  3. 作詞・作曲者名
  4. リード・ヴォーカルなど

【備考】曲に関する備考など 

スポンサーリンク


ビートルズのシングル・アルバムの主な収録曲

B

Baby It’s You

  1. ベイビー・イッツ・ユー
  2. 1963年3月
  3. Hal David-Burt Bacharach-Berney Williams
  4. John Lennon(George&Paul)

【備考】
黒人コーラス・グループ「シレルズ」の1961年のヒット曲(Baby It’s You/The Things I Want To Hear)。英国では、デビュー・アルバムである「Please Please Me」、米国ではVee Jayレコードの「Introducing The Beatles」に収録された、スロー・バラード・ナンバー。


Baby You’re Rich Man

  1. ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
  2. 1967年5月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon & Paul McCartney

【備考】
元々は映画「イエロー・サブマリン」のために作られたが、映画には使用されずその後、アルバム「Magical Mystery Tour」に収録された。当初は「One Of The Beautiful People」というタイトルだった。


Baby’s In Black

  1. ベイビーズ・イン・ブラック
  2. 1964年10月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon & Paul McCartney

【備考】
アルバム「Beatles For Sale」に収録された、ビートルズとしては珍しいワルツ・スタイルを取り入れた1曲。


Back In The U.S.S.R

  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. 1968年8月
  3. Lennon-McCartney
  4. Paul McCartney

【備考】
有名なアメリカの人気グループ「ビーチ・ボーイズ」のコーラス・スタイルを取り入れた(あえて真似した?)ナンバー。ホワイト・アルバムとして知られるアルバム「The Beatles」に収録。


Bad Boy

  1. バッド・ボーイ
  2. 1965年5月
  3. Larry Williams
  4. John Lennon

【備考】
ジョンのリード・ヴォーカルで、英国ではアルバム「A Beatles Collection Of Oldies」、米国ではアルバム「Beatles Ⅵ」に収録された、黒人シンガー「ラリー・ウィリアムス」の作品「Bad Boy/She Said”Yeah”」として1959年にリリースされたナンバー。


Ballad Of John And Yoko

  1. ジョンとヨーコのバラード
  2. 1969年5月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon(Paul)

【備考】
全てをジョンとポールの2人でレコーディングされ、アルバム「Hey Jude」に収録されたナンバー。当時、歌詞の内容がキリストをバカに?しているという理由で米国・英国の一部で放送禁止となった。


Because

  1. ビコーズ
  2. 1969年8月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon.Paul McCartney.George Harrison

【備考】
アルバム「Abbey Road」に収録されたジョンとポールとジョージがヴォーカルの美しいナンバー。ヨーコの発想からヒントを得てジョンがヨーコに捧げたバラードと言われている。


Being For The Benefit Of Mr.Kite

  1. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
  2. 1967年2月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon

【備考】
当時、骨董品屋のポスターをヒントにして作られたという曲。アルバム「Sgt. Pepper’s Lonly Hearts Culb Band」に収録された。


Besame Mucho

  1. ベサメ・ムーチョ
  2. 1962年11月
  3. Consuelo Velazques
  4. Paul McCartney

【備考】
1941年メキシコ人のベラスケスによって作られ、ジミー・ドーシー・オーケストラをバックにキティ・カレンとボブ・エベールに1943年に歌われたラテンの名曲中の名曲。ビートルズではユーモラスながらビート感に溢れるヴォーカルでポールが歌っている。アルバム「Hamburg-Star Club Live」に収録。


Birthday

  1. バースデー
  2. 1968年9月
  3. Lennon-McCartney
  4. Paul McCartney

【備考】
即興で作りレコーディングされたといわれるナンバー。ホワイト・アルバムとして知られる「The Beatles」に収録。手拍子はリンゴで、バック・コーラスにレコーディングを見学に来ていたヨーコとパティが参加。


Black Bird

  1. ブラック・バード
  2. 1968年6月
  3. Lennon-McCartney
  4. Paul McCartney

【備考】
アルバム「The Beatles」に収録された、ポールの弾き語り風のソフトなバラードの名曲。


Blue Jay Way

  1. ブルー・ジェイ・ウェイ
  2. 1967年9月
  3. George Harrison
  4. George Harrison

【備考】
アルバム「Magical Mystery Tour」に収録された、ジョージのナンバー。ジョージが1967年にカリフォルニアに渡った時に作られたといわれる曲。チェロやテープの逆回転を取り入れ凝ったサウンド処理をしている。


Boys

  1. ボーイズ
  2. 1963年3月
  3. Lutehr Dixon-Wes Farrell
  4. Ringo Starr

【備考】
オリジナルは黒人女性コーラス・グループ「シレルズ」によって、1960年に歌われた「Will You Still Love Me Tomorrow/Boys」。ビートルズでは、英国デビュー・アルバム「Please Please Me」に収録された。1965年に「Kansas City」とカップリングで発売されたが、間もなくビートルズ側の意向で急遽発売が中止された。

 
スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました