ビートルズのシングル・アルバムの主な収録曲【A】

主な収録曲(シングル・アルバム)

ビートルズのシングル・アルバムの主な収録曲【A】

曲名(タイトル)

  1. 曲名/タイトル(日本語)
  2. レコーディング年月
  3. 作詞・作曲者名
  4. リード・ヴォーカルなど

【備考】曲に関する備考など 

スポンサーリンク


ビートルズのシングル・アルバムの主な収録曲

A

Across The Universe

  1. アクロス・ザ・ユニバース
  2. 1969年1月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon

【備考】
アルバム「Let It Be」に収録されているテイク(セカンド・テイク)が有名だが、当初この曲は世界野生生物基金のために作られ、オムニバスアルバム「No One’s Gonna Change Our World」に収録(ファースト・テイク)された。


Act Naturally

  1. アクト・ナチュラリー
  2. 1965年5月
  3. Johnny Russell-Vonie Morrison
  4. Ringo Star(Paul)

【備考】
カントリー&ウエスタンファンのリンゴが自ら選曲したナンバー。英国盤「Help」、米国盤「Yesterday And Today」に収録。


A Day In The Life

  1. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
  2. 1967年7月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon.Paul McCartney

【備考】
アルバム「Sgt. Peppers Lonely Hearts Culub Band」に収録されたナンバー。当時この曲(サウンド)がドラックを連想させるということでBBCの放送禁止曲に指定された。


A Hard Day’s Night

  1. ア・ハード・デイズ・ナイト
  2. 1964年3月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon(Paul)

【備考】
アルバム「A Hard Day’s Night」に収録されたギターの印象的なイントロから始まるナンバー。リンゴが映画撮影終了間際に呟いた言葉「It’s Been A Hard Day’s Night That Was」から生まれたと言われている曲


Ain’t Nothing Shakin’ Like The Leaves On A Tree

  1. エイント・ナッシング・シェイキン
  2. 1962年11月
  3. Dallas Frazier-A.Owen
  4. George Harrison

【備考】
ハンブルグのスター・クラブで1962年11月にライブ録音されたロックンロールナンバー。


Ain’t She Sweet

  1. いい娘じゃないか
  2. 1961年5月
  3. Jack Yellen-Milton Ager
  4. John Lennon

【備考】
1927年、ポール・アッシュ・オーケストラによって紹介された曲。ドラムスはピート・ベスト(Peat Best)。アルバム「In The Beginning(1961)」に収録。


All I’ve Got To Do

  1. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
  2. 1963年7月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon(Paul)

【備考】
英国では「With The Beatles」、米国では「Meet The Beatles」に収録された初期のビートルズ・ナンバー。


All My Loving

  1. オール・マイ・ラヴィング
  2. 1963年7月
  3. Lennon-McCartney
  4. Paul McCartney(John.George)

【備考】
英国、米国ともにシングル発売はされなかったが、ポールのランニング・ベースが印象的な人気の高い初期のビートルズ・ナンバー。アルバム「With The Beatles」に収録。


All Together Now

  1. オール・トゥゲザー・ナウ
  2. 1967年6月
  3. Lennon-McCartney
  4. Paul McCartney(George.Ringo)

【備考】
ポールがアコースティック・ギター、ジョンがハーモニカを担当。アルバム「Yellow Submarine」に収録。


All You Need Is Love

  1. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)
  2. 1967年6月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon

【備考】
当時世界31ヵ国で通信衛星を通じて放映された特別番組「Our World」のための曲。フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」や英国民謡「グリーン・スリーブス」、初期のビートルズ・ナンバー「シー・ラヴズ・ユー」などが曲中に織り込まれている。映像&曲にはザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、キース・リチャーズも参加している。アルバム「Magical Mystery Tour」に収録。


And I Love Her

  1. アンド・アイ・ラヴ・ハー
  2. 1963年3~4月
  3. Lennon-McCartney
  4. Paul McCartney

【備考】
アルバム「A Hard Day’s Night」に収録された、ポップでありながら美しいメロディーを持つ初期の傑作。ジョージのアコースティック・ギターをバックに歌うポールのヴォーカルが印象に残るナンバー。


And Your Bird Can Sing

  1. アンド・ユア・バード・キャン・シング
  2. 1966年5~6月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon(Paul.George)

【備考】
アルバム「Revolver」に収録された、ギター・リフとボーカル(コーラス)が印象的な軽快なナンバー。ただ、ジョンはこの作品の出来に満足していなかったと言われている。


Anna(Go To Him)

  1. アンナ
  2. 1963年3月
  3. Arthur Alexander
  4. John Lennon

【備考】
黒人R&Bアーチストアーサー・アレクサンダーの1957年のヒット曲(Anna/I Hang My Head And Cry)。アルバム「Please Please Me」に収録。


Another Girl

  1. アナザー・ガール
  2. 1965年2月
  3. Lennon-McCartney
  4. Paul McCartney(John.George)

【備考】
ポールのヴォーカル&ギターをフューチャーした軽快なラヴ・ソング。アルバム「Help」に収録。


Any Time At All

  1. エニイ・タイム・アット・オール
  2. 1964年3~4月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon(Paul.George)

【備考】
イントロなしでジョンの歌からはじまるストレートなナンバー。アルバム「A Hard Day’s Night」に収録。


Ask Me Why

  1. アスク・ミー・ホワイ
  2. 1962年11月
  3. Lennon-McCartney
  4. John Lennon(Paul.George)

【備考】
元々は、オーディション用に作られたナンバー。英国ではデビューアルバムである「Please Please Me」に収録。米国ではヴィー・ジェイ・レコードの「Introducing The Beatles」に収録。

 
スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました